2008年9月19日 (金)

真の防犯対策

また子どもが殺された。

どんなに怖かったでしょう。

首を絞められているときどんなに苦しかったでしょう。

意識が薄れていくとき何を思ったのでしょう。

もっともっと生きたかったでしょうね。

したいことがいっぱいあったでしょうね。

お母さんはきっと自分を責めてしまうでしょう。

悪いのは犯人なのに。

警察はお母さんを疑うかもしれません。

ただでさえ自分を保っているのがやっとの状態なのに…

公園で遊んでいるときに、下校中に、自宅に帰ってきたときに。

小さい子どもがいる私達は不安がさらに広がります。

保護者が常に子どものそばにいることは不可能です。

でも、登下校の見守りや防犯パトロールをしても、犯罪者は一瞬のすきを狙ってくる。

防犯カメラやGPSなどは、犯人の逮捕には役立っても、子どもを守れません。

防犯ブザーもホイッスルもいざというときに手元になければ使えない。

電池が切れていれば使えない。相手にとりあげられたら使えない。

いつでもどこでもどんな状況でも使えるのが自分の声。

大きな声を出す訓練を一度でもしておけばいざというときに大声を出せるようになる。

子どもたちの体と心の内に「安心」「自信」「自由」が育っていれば

子どもは無力という考えを捨てよう。

もっと子どもの話に耳を傾け、その力を信頼しよう。

「あらゆる危機管理の基礎はコミュニケーションです。

防犯カメラなど外のものに頼れば頼るほど、人はコミュニケーションしなくなります。

大人たちは説教や指導をするより、もっと子どもの気持ちに耳を傾けてください。

こわかったこと、くやしかったこと、うれしかったこと、つらかったこと。

子ども達が感じていること、考えていることをしっかりと傾聴することは、実は子どもたちを犯罪から守る効果的な方法です。

不安があおられまん延する時代には、不安の持つ危険性をしっかり心にとめて、一人ひとりの内の安心を大切に育てて、その力をていねいにつなげていきましょう。

不安は伝染しやすいけれど、小さな勇気もまた伝染するのですから。」

平成18年8月 広報やわた 第517号 「子どもの話に耳を傾けよう」より

保護者や先生、子どもの見守り隊の皆さんは、森田ゆりさんの『子どもが出会う犯罪と暴力』 をお読みになってください。

そして、学校や幼稚園にCAPプログラム を取り入れてください。

まず大人が講習を受け、そのあと子どもが講習を受けます。

まず生きる力を育てることで、子どもの力を引き出します。その上で特別な叫び声や護身術を学びます。

CAPのすすめ

ただこれで完全に子どもを犯罪から守れるわけではありません。

社会全体が変わらなければ、犯罪者は次々と生まれます。

平和は互助の精神からしか生まれない。

すべての人が思いやり合い助け合う世の中にならなければ犯罪は―こんなに悲しく苦しい出来事がなくならないのです。

      STOP犯罪 星になった「あいり」

              「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

CAPのすすめ

犯罪者のほとんどが、過去に自ら何らかの暴力を受けていたことを思えば、子どもを虐待する大人が虐待をしなくなるように、また虐待を受けた子どもが癒されるようにすることが、真の防犯対策ではないでしょうか?

(注:虐待を受けた子どもが犯罪者になる確率は非常に低く、因果関係は全くありません。)

どうぞ皆様の学校・幼稚園・保育所にCAP・JAPANのワークショップを取り入れてください。

CAPセンター・JAPAN(子どもへの暴力防止プログラム)

ご参考までに、STOP犯罪 星になった「あいり」の 防犯対策のページをご参照下さい。

hp4.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お願い!子どもを守って

  「なくそう!子どもポルノ」

       署名にご協力ください!

日本ユニセフ協会 子どもポルノから子どもを守るために

今も苦しみ続ける子供達を救うために、どうか署名にご協力下さい。

こちらの記事もあわせてご覧下さい。

法改正と共に意識の改善を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

法改正と共に意識の改善を

児童ポルノ、所持だけでも「処罰」…与党が法改正方針 読売新聞2008年3月9日朝刊一面

昨年の記事子供を性の対象にするのは重罪です!でも申し上げましたが、

児童ポルノはポルノではなく犯罪です。



「被害者にとって児童ポルノは「ポルノ」などではなく、
犯罪や虐待の現場を永久に残した、心をずたずたにする残酷な凶器です。

こうした性被害の苦しみは、人種や国籍、性別や文化に関係なく
どんな人間にも共通したものだと思います。
児童ポルノは存在し人の目に触れることじたいが紛れもない性暴力で、
人権を著しく損なうものです。」

(全国性暴力被害者グループ「野の花」の児童ポルノ問題に関するメッセージから抜粋)

“ 犯罪を見ることに喜びを感じ、犯罪シーンに喜んで金を払い、さらに新たな犯罪を望むとすれば、それは犯罪を犯していることになるのではないでしょうか。

 つまり、児童ポルノの画像を販売するようなサイトにアクセスすることは、犯罪を犯すことになるのです。”

(読売新聞2007年4月16日朝刊15面 ユニセフシンポジウム「子どもポルノサイトの根絶に向けて」より抜粋)

“ 「児童ポルノ」という言葉は、この犯罪のおぞましい性質を正確に表していない。成人ポルノと違い、子供は自発的に当事者となったのではなく、報酬も得ていない。事実、大半の児童ポルノの画像や映像には、凶暴、残忍な性暴力が描かれるが、子供の多くは12歳未満なのだ。つまりこれは児童レイプなのである。”

“ 児童ポルノを見ることと子供への性的虐待が大きく関係することも、我々は認識すべきだ。”

(読売新聞2008年1月30日朝刊 論点 トーマス・シーファー駐日米大使 より抜粋)



法改正により、日本が「児童ポルノを所持すること自体が犯罪に当たる」と定義し、日本社会全体の意識を改善してもらいたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     STOP犯罪 星になった「あいり」

              「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

忘れないで!情報提供を!

読売新聞 夕刊 有希ちゃん事件から2年、両親ら墓参…子供の安全に懸念 (12月1日 11:50)

 栃木県今市市(現・日光市)の吉田有希ちゃん(当時7歳)が殺害された事件から2年を迎えた1日、両親と姉妹が日光市内の墓地を訪れ、有希ちゃんの冥福(めいふく)を祈った。

 父正信さん(43)と母洋子さん(40)、姉、妹の4人はこの日午前、「笑顔」と刻まれた墓に、お菓子やジュースなどを供えた。有希ちゃんの好物だったという洋子さん手作りの煮物やおにぎりなども添えられ、大好きだった曲「世界に一つだけの花」をCDプレーヤーでかけ、手を合わせた。正信さんは時折、涙をぬぐっていた。

 県警犯罪被害者対策室によると、両親は、事件が人々の記憶から忘れ去られてしまうことを懸念しているといい、逮捕されていない犯人に有希ちゃんの姉と妹が狙われるのではないかとも心配しているという。

 捜査本部はこの日、有希ちゃんが連れ去られたとみられる通学路近くの県道や、遺体が発見された茨城県常陸大宮市内でチラシなどを配り、情報提供を求めた。

( 2007年12月1日11時50分  読売新聞)

栃木の女児殺害2年 「時間止まったまま」両親が手記 (産経新聞) 2007年12月01日(土)

栃木女児殺害 手記の全文(産経新聞) 2007年12月01日(土)

吉田有希ちゃん=当時(7)=の両親が公開した手記は次のとおり。

               ◇

 私達家族にとっては、何年経っても、あの日以来、時間が止まったままです。

 私のほうを振り返り、バイバイしながら姉と一緒に学校へ向かう有希の姿が目に焼きついています。どうして有希が、あんな無残な姿で、あんな寒い山の中におかれなければならなかったのでしょう。

 私達には知りたいことがたくさんあります。

 わずか7歳の子供の命を奪った犯人は、今どこで何をしているのでしょうか。

 許せない。絶対に許せません。

 もうすぐ有希の3回忌がやってきます。

 私達の願いは、1日も早く犯人が捕まって、有希の墓前に報告できる日がくることです。

 それには、皆さんのご協力が必要です。どんな小さな情報でもお寄せ下さい。

 よろしくお願いします。

  吉田正

    洋子

-----------------------------------------------------------
先月17日は奈良の有山楓ちゃんの命日でした。事件から3年。
ご両親は、小林薫死刑囚の控訴取り下げを無効とする訴えに苦しまれています。

先月22日は広島の木下あいりちゃんの命日でした。事件から2年。
先月8日から控訴審が始まり、ご両親は、未だ反省することのない被告の態度と弁護人のあいりちゃんを冒涜するような主張に苦しまれています。

今日12月1日は栃木の吉田有希ちゃんの命日。事件から2年。
犯人は未だ捕まっていません。
犯罪被害に遭ったり、犯罪被害者遺族になると、また被害に遭うのではないかという恐怖感に悩まされます。
犯罪被害者遺族は皆、事件が人々の記憶から忘れ去られることを恐れています。
どうか事件のことを忘れないでください。
犯人の情報提供をお願いします。



「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

むやみに怖がるのではなく…

Koudansya_top_jpg読売新聞 2007年10月28日(日曜日)朝刊 13面 くらし

「まさか」の犯罪・事故からわが子を守る7つのルール

                  横矢 真里 著

 子供が巻き込まれる犯罪や事故のニュースに触れるたび、親はつい不安を抱きがちだ。そこで、子どもの危険回避研究所(東京)の所長として全国で実践活動を行っている著者が、「むやみに怖がるのではなく親子で立ち向かう」という視点からポイントを記した。副題は「脅えさせない安全教育のすすめ」。

 安全に「完璧はない」「答えは一つではない」が、「危険について話し合う」「小さな工夫を積み上げる」など日々の暮らしの中で意識することで、子どもの危険回避能力を高めることができると説く。

 安全を意識する具体的な方法を示し、犯罪、事故、いじめ、・虐待、災害など項目ごとにイラストや図表とともに解説しており、実践書として活用できる。

 講談社刊。四六判変型。112ページ。本体952円。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

不安になるのは当然のことです。でもただ脅えるのではなく、出来るだけ回避する方法を学ぶことで、不安を取り除いてください。

木下あいりちゃんHP STOP犯罪「星になったあいり」

       「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

7歳の木下あいりちゃんは2005年11月22日、下校中に性的暴行を受け殺害されました。

父・建一さんは「子供がこれ以上犯罪の被害に遭わないようにしたい」と支援者と共にあいりちゃんのHPを開設されました。

犯人の刑罰はたった数十年刑務所で過ごすだけの無期懲役判決でした。

来月8日から控訴審が始まります。

真実を求め遺族は署名活動をしています。どうか皆様の力を貸してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

幼い命を守るには?

見守り時間外どう守る 読売新聞 関西発 特集 子どもの安全 2007年10月17日

全国での子どもを見守る会や見守り隊にもかかわらず、またも幼い命が犠牲になりました。

時間や場所を限定した見守りだけでは限界がある。地域の目だけでは完全にはいかない。

子どもや親をはじめ、全ての人に危機意識を高めてもらうことは非常に重要なこと。それでも体の小さい子どもには十分なことではない。

犯罪者を生み出さない。それには様々な取り組みが必要になる。

まず、凶悪犯罪を犯した犯罪者による再犯が起こらないようにする。更正の可能性が極めて高く再犯の可能性が極めて高い犯罪者を刑務所や病院から出さない。それには、仮釈放のない絶対終身刑の導入や「心神喪失者医療観察法」の強化が必要になります。

そして、検挙率を高める。昔は情報提供の謝礼金がなくても、聞き込み調査で情報が得られた。それが今は、他人事と思い協力する人が少なくなっただけでなく、隣近所にどんな人が住んでいるかさえもわからない状況。地域のつながり、協力体制が大切です。

また、国をあげてもっと子どもの安全を守る取り組みを真剣にしなくてはいけない。予算をもっと回す。様々な法案を出す。

何よりも、親の育児は重要です。自分の子が犯罪者にならないように育てる。

社会全体が拝金主義を捨て、他人に対する思いやりを持てる世の中にならない限り、このようなことが絶えることはありません。他人事では済まされないのです。

今やもう日本は安全な国ではないことを認めなくてはいけません。「10歳までの子供を絶対に一人で道を歩かせない」というブラジル社会を手本にすべきではないでしょうか。

■関連リンク

子どもの危険回避研究所

吉川友梨ちゃん捜索の輪!!

CAPセンター・JAPAN(子どもへの暴力防止プログラム)

終身刑導入署名運動

「子どもを犯罪の加害者にしない子育て」~問われる親の責任と覚悟~

子育て・親育ちの育児支援サークル Peace of mind
子育て・親育ちの育児支援サークル Peace of mind

ブラジルでの子供のための防犯

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

木下あいりちゃんHP STOP犯罪「星になったあいり」

       「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

来月8日から控訴審が始まります。真実を求め遺族は署名活動をしています。どうか皆様の力を貸してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

おじさんは大丈夫?

娘を遊ばせるために、主人が近所の公園に行った時のことです。

小学生の男の子が寄ってきて、こう聞いたそうです。

「学校の先生が、『知らない人に話しかけちゃ駄目』って言うんだけど、おじさんは大丈夫?」

主人はなぜか良く子供に話しかけられます。子供って遊んでくれそうな人がわかるのかな?

でも、娘を連れてきて遊んではいるけど、もし主人が男の子好きの変態だったりして、「大丈夫だよ」と答えたりしたらどうなんだろう?と私は思いました。

子供はまだまだ素直なので、先生の言うことや親の言うことをちゃんと守ろうとします。

でも、わかっているようで色んなことが出来るようで、実はまだまだわかってなかったり出来なかったりするのです。

この様子では教えた効果が全くないように思いますね。

親や教師がどのように、犯罪から身を守る方法を教えれば良いのか?

STOP犯罪「星になったあいり」の『子供を守る防犯対策』のページをご覧下さい。

また当ブログのカテゴリー『子供を守るために』もご参照下さい。

    木下あいりちゃん支援の会公式HP

     STOP犯罪「星になったあいり」

         「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

子どもの安全に予算を

大阪・知事表明、小学校警備の人件費補助を継続 読売新聞2007年08月03日朝刊

大阪府の太田房江知事は2日、府内の公立小学校などが校内に配置している警備員らの人件費に対する補助について、来年度以降も継続することを明らかにした。子どもを狙った凶悪犯罪が後を絶たないためで、新たな補助も検討する。

 同事業は、同府寝屋川市立中央小で2005年2月に起きた教職員殺傷事件を機に、同年度から3年間の期限でスタート。今年度は府が約5億4000万円を予算化し、大阪、堺両市などを除く39市町村の計601校が補助を受けている。

 期限が切れる来年度から市町村が独自予算での対応を迫られるため、自民党府議団が同日、事業継続を要望し、太田知事は「子どもの安全は重要な課題。予算は維持したい」と回答。府教委も「校門だけでなく、機械警備などの安全対策にも補助を検討する」とした。

-------------------------------------------
ブラジルでは下記記事のような取り組みがされています。
日本はもう安全な国ではない。
全国的に警備員を配置したり、スクールバスの導入などをするべきです。
大阪府だけでなく、国が子どもの安全のためにもっと予算を算出するべきです。
    「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

子どもを守るCAP知って

読売新聞 2007年(平成19年)8月2日(木曜日)朝刊 から抜粋

活動 冊子で紹介 暴力防止、人権概念伝えることから

 いじめや誘拐、虐待、性暴力などあらゆる暴力から子どもが心と体を守るための教育プログラム「CAP(キャップ)」の普及活動をしているNPO法人「CAPセンター・JAPAN」は、活動と具体的な成功例をイラストと漫画で紹介した冊子「CAPイラスト&コミック版」(A5版、50ページ)を作った。活動をわかりやすく伝える内容になっている。(近藤亜矢子)

-中略- 

子どもが自分の人権を大切にすることが、なぜ暴力防止につながるのか。若い父母世代だけでなく、より幅広い層にも知ってもらおうと、冊子作成を企画した。

-中略-

 プログラムを受けた後の子供たちが暴力から身を守れたり、誰かに話せたりした、成功例「サクセスストーリー」も、漫画で紹介している。

-中略-

 同事務局の長谷有美子さんは「暴力防止のキーパーソンは、周囲の大人。子どもだけに注意を促すのではなく、大人が意識を変える一助に、冊子がなれば」と話している。

CAPセンター・JAPANホームページ http://www.cap-j.net/

Cap_4 「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)