2008年12月 9日 (火)

トレス・ヤギ被告 控訴審判決

予想外の、地裁へ差し戻し判決。

地裁での裁判が不十分であったなら、控訴審で十分な裁判を行い、判決を下すことはできなかったのでしょうか?

これ以上遺族を振り回すのはやめてほしい。

そう思います。

       STOP犯罪 星になった「あいり」

              「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告の控訴審第五回公判は本日です。

2005年11月22日、広島で当時小学一年生の木下あいりちゃんに性的暴行を加え殺害したホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告の、控訴審第五回公判は今日の午後1時半からです。

検察側と弁護側の弁論が実施され、これが終了すると、いよいよ判決を残すのみとなります。

「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

木下あいりちゃんHP STOP犯罪 星になった「あいり」 http://stophanzai.web.fc2.com/

署名は裁判に採用されませんでしたが、今後も遺族へのメッセージは届け続けます。
どうぞ遺族に温かい支援の声を届けてください。
「あいりのことを忘れないで」「悲しい事件は二度と起きてほしくない」

追記:ブログ更新の間違いで、明日と入力していたため修正しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

正当な判断を

本日5月20日午後一時半から、
木下あいりちゃんを殺害したホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告の、
控訴審第四回公判が行われています。

最初に、父・建一さんが意見陳述をされる予定です。

この日は、これまで弁護側が申請してきた被告の精神鑑定や心理鑑定、
検察側が証拠請求してきた被告のペルーでの性犯罪歴や遺族が集めた署名
の採否も行われる予定です。



「神様がおきめになる」
「悪魔がしたことで自分は悪くない。自分の中に悪い心はない。」
という責任逃れの発言を、裁判官が単なる精神病として、刑事責任能力がないと
判断されないことを願います。
被告は、ペルーで性犯罪を重ねて、いられなくなったために日本に来ています。
これは、明確な意思ではないでしょうか。
また被告は、あいりちゃんの時にだけ「悪魔が入った」といっていますが、
ペルーで自分が犯した性犯罪については、きっぱり黙秘しています。
ということは、自覚があるということの証拠だと思います。

建一さんがおっしゃるように、人の罪は国境を越えれば消えるものではありません。
犯罪は、被告の過去の行動が十分に判断材料になるのではないでしょうか。

被告は「事件後祈るようになったから悪魔が入ってきたことはない」といいます。
刑務所を出たあとも、本当にそう有り続けるでしょうか?
拘置所の中には何も誘惑がありません。
社会に復帰した時、多くの誘惑に取り囲まれて本当にその状態が保たれるので
しょうか?
被告が行った1992年12月12日の性的暴行事件の捜査記録に、
犯行の一部を認める一方、「悪魔が乗り移った」と供述し、暴行に関しては
「覚えていない」と述べていることが残っています。
このとき、被告が悪魔のせいにせずに、自分自身に弱点・欠点があることを認め、
自分自身を正そうとしていたなら、その後罪を重ねることも、あいりちゃんが犠牲に
なることもなかったのではないでしょうか?
被告が「私の心に悪意はない」といい続ける限り、矯正の可能性はなく
再犯することが目に見えてます。

弁護側は「前歴は前科ではなく量刑に影響する事情ではない」と主張します。
しかし、人の罪を正しく判断するには、量刑などに関係なく前歴を判断材料に
しないことにはできないことだと思います。

そして、署名のほとんどは、遺族が必死になって集めたものです。
各地から届けられたメッセージには、ひとりひとりの切実な気持ちが込められています。
裁判官にはその遺族の思いを汲み取り、ぜひとも受け取っていただきたいと思います。


子どもに対する性犯罪を、被害者の人数や計画性の有無、前科の有無だけで、
「矯正が不可能なほどの反社会性があるとは言い切れない」という
一審の判断は到底納得できるものではありません。

性暴力は悪質性が低いというのか?

人の命の重みは数なのか?

性犯罪に計画性が矯正の可能性にどれほど影響するというのか?

前歴があっても前科がなければ再犯しないといえるのか?

どうか、遺族も国民も納得の行く判決文を願います。


stophannzai

木下あいりちゃんHP STOP犯罪 星になった「あいり」 http://stophanzai.web.fc2.com/

遺族に温かい支援の声を届けてください

「あいりのことを忘れないで」「悲しい事件は二度と起きてほしくない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

真実を語って下さい

昨日、広島高等裁判所で、木下あいりちゃんを殺害したホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告の控訴審第三回公判がありました。この日は、弁護側と検察側双方からの被告人質問が行われました。

あいりちゃんの父・建一さんは、「聞くのは辛いが本当のことを知りたい」とずっと真実を訴え続けていました。その中で「自らの名誉回復のためにも矛盾のない言葉を。周囲の批判を和らげ、母国ペルーで暮らす親や子どものためでもある」と被告の家族をも思っていらっしゃいます。

愛する我が子を惨殺された親が、犯人の家族のことをも思うなど、なかなかできることではありません。

にもかかわらず、被告は相変わらず「悪魔に支配された」「悪魔の仕業で自分は悪くない」と、遺族が切望する真実を最後まで語ることはありませんでした。

この世に悪魔などは存在しません。本当に被告が声を聞いたとしたら、それは悪霊の声です。悪魔に支配されたと言うなら、悪霊に憑依されたということです。しかし、悪霊に憑依されるのは本人に問題があるからです。本人が清らかな心であれば、悪霊に憑依されることはありません。本人の邪な心に悪霊が引き寄せられたのです。

被告は母国ペルーで犯した少女暴行の時も「悪魔がのりうつった」と供述しています。

こんなに度々悪霊に憑依され、少女を暴行する被告が、本当に更正し、再犯することがないのでしょうか?

被告にはこのまま嘘をつき続け、罪を悔い改めることなく終わってほしくありません。

どうか被告が目覚め、改心してくれますように。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 STOP犯罪 星になった「あいり」

              「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

初公判前に父が心境

116 読売新聞 2007年(平成19年)11月2日(金曜日) 夕刊18面

罪を素直に受け入れて
広島・あいりちゃん殺害控訴審
初公判前に父が心境
 広島市で2005年11月22日、下校中の小学1年、木下あいりちゃん(当時7歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われたホセマヌエル・トレス・ヤギ被告(35)の控訴審初公判が、広島高裁で8日開かれるのを前に、あいりちゃんの父建一さん(40)が、読売新聞の取材に応じ、公判での審理や最愛の娘への思いを語った。
 控訴審初公判を前にした心境について建一さんは「昨年7月、広島地裁で被告に無期懲役判決が出てから1年4ヶ月が過ぎましたが、極刑を望む気持ちに変わりはありません。1審はウソばかりで、今度こそ真実を話してほしいです」と強い口調で話した。
 事件当時、5歳だった息子は姉のあいりちゃんと同じ小学1年になった。「本当ならあいりも一緒に成長して、その姿を見ながら喜んでいたんだろうと思うと、悲しくなります」と悔しさをにじませた。
 一審では、被告の姿を娘に見せたくないという思いから、あいりちゃんの遺影を好きだったハンカチで包んでいた。建一さんは「あいりは、人の嫌がることが嫌いでしたから、亡くなってまでも、被告を憎んでいないんじゃないかと思うようになりました」と話し、控訴審では、遺影を包まずに法廷に持ち込むことも考えている。
 最後に「一審判決からの時間は、長かったですが、全国からの死刑判決を求める署名や激励の手紙などに救われました。被告には、自ら犯した罪を素直に受け入れてほしいです」と結んだ。
 控訴審では、「量刑不当」として控訴した検察側は一審で証拠採用されなかったヤギ被告のペルーでのわいせつ事件の犯歴を改めて証拠申請する方針。一方、弁護側は、一審で却下された精神鑑定を再度請求するなど、殺人、強制わいせつ致死両罪については無罪を主張するとみられる。
 一審を傍聴した作家の佐木隆三さん(70)は、2004年に奈良市で起きた女児誘拐殺害事件で殺人罪などに問われ、奈良地裁で死刑判決を受けた小林薫死刑囚(38)と比較し、「小林死刑囚への判決は、女児への性的暴行などの前科、前歴があったことが大きい。ヤギ被告のペルーでの犯歴が立証できるかどうかが、控訴審の最大のポイントになるだろう」としている。



建一さんのお姉さまはこの記事を読んでこう話されました。

本当に素直な気持ちが書かれてて胸が熱くなりました。子供が殺された親が「あいりは被告を憎んでいないんじゃないか」何て言えません。本当に辛いと思います。我が子思っての言葉です。罪を憎み人を憎まず。犯人にこの気持ちが本当に伝わり真実を語って罪を償って欲しいと思いました。


あいりちゃんの「愛・やさしさ」が被告に伝わりますように。
自分のした取り返しのつかない事実を真摯に受け止め、真実を語ることで、真に罪を悔い改め、人の心を取り戻してほしい。

bana

ご署名の締め切りは明日11月4日です。
どうか皆様の支援の声を届けてください。
木下あいりちゃんHP STOP犯罪 星になった「あいり」 http://stophanzai.web.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

控訴審がやっと決まりました

木下あいりちゃんを殺害したホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告の控訴審第一回公判が決まりました。

11月8日木曜日の午後1時半から4時半の予定です。

これに伴いご署名の締切日を11月4日とします。

詳細は下記サイトをご覧下さい。

支援の会公式ブログ  あいりちゃんの死を無駄にしない為に

木下あいりちゃんHP STOP犯罪「星になったあいり」

http://stophanzai.web.fc2.com/

「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

カテゴリ「木下あいりちゃん」一覧

小さな命の力

どうか誤解を解いてください

新たな命

世界中の支援

署名提出

あいりちゃんのお父さんのブログ

ご冥福をお祈りしましょう

あいりちゃんが受けた恐怖と苦痛                    (性犯罪被害者や遺族の方はお読みにならないことをお勧めします。)

ヤギ被告の前科

広島地裁の判決理由

なぜ署名運動が必要なのか

裁判を傍聴された方からのメール

遺族にとっての救い

「木下あいりちゃんご遺族支援の会」に出会うまで

| | コメント (3) | トラックバック (1)

小さな命の力

これまでの経緯はこちら新たな命をご覧下さい。

命のよろこびかみしめ合う asahi.comマイタウン広島

2007年03月09日

K_img_render_1 
遺族の支援を続けた性犯罪被害者の女性(右)が先月出産した赤ちゃんを抱く木下建一さん=8日午後、広島市内で、寺脇毅撮影

 下校中の幼い命が奪われた05年の木下あいりさん(当時7)殺害事件。遺体遺棄現場に設けられた献花台に、手紙を届けた性犯罪被害者の女性がいた。幼い頃に受けた深い傷を抱え続けた女性は苦しみを乗り越え、先月37歳で女の子を出産。8日、あいりさんの父建一さん(40)と初対面し、命の喜びと重みをかみしめあった。(宮崎園子)

 「よかったですね」。広島市内の女性宅を訪ねた建一さんは、小さな赤ちゃんを見て顔をほころばせた。女性はつぶやいた。「あいりちゃんの生まれ変わりなのかしら」

 あの日、自宅近くを飛ぶ報道のヘリコプターで発生を知った。その後、性的暴行を受けたことも分かり、ひとごとと思えなくなった。天国のあいりさんにあてたぬいぐるみとともに献花台に置いた手紙で、8歳で受けた性的暴行に触れた。

 手紙は、建一さんにとって大きな存在だった。娘と同じ傷を受けて苦しむ人がいる。昨年6月に報道機関の取材に応じ、「あいりは2度殺された」と性的被害の悲惨さを訴えるきっかけの一つとなった。

 女性は手紙を記した後に妊娠。事件との縁を感じた。昨年11月、建一さんの勤務先を通じて再び手紙を届けた。「あいりちゃんの分も大事に育てます」と書かれ、建一さんは女性の出産を心待ちにしてきた。女性は「今まで女としての自分を否定し続けてきた。母になった今、女に生まれてよかったと思えるようになった」と話す。

(この記事は朝日新聞社の記者から許可を得て転載しております。無断転載は禁じられています。)


この女性(く~ちゃんママ)からの取材後のメールの一部をご紹介します。一瞬でも建一さんが笑顔になられて良かったと思います。

く~ちゃんも建一さんに抱いて貰いいい顔をしてくれたので安心しました☆建一さんも自然と笑顔になってくれてました(^O^)取材受けてよかったです!

これまでのく~ちゃんママからのメールは、支援の会公式ブログ「あいりちゃんの死を無駄にしない為に」のカテゴリー『性犯罪被害者』の記事に紹介させていただいております。

---------------------------------------------------

共同通信社さんの配信により、下記の全国各地の地域新聞にも、掲載されました。

犯罪被害の女性が出産 あいりちゃん父と対面

Googleニュース検索

神戸新聞・福井新聞 ・富山新聞・秋田魁新報 ・静岡新聞
・日刊県民福井・山陰中央新報・徳島新聞・中国新聞・河北新報
・西日本新聞・熊本日日新聞・四国新聞・北海道新聞・東京新聞
・山梨日日新聞・岩手日報・東奥日報・佐賀新聞

---------------------------------------------------

3月10日、毎日新聞朝刊にも掲載されました。

広島・小1女児殺害:性犯罪被害女性が出産 木下建一さん、赤ちゃんと対面 /広島

「MSN毎日インタラクティブ」

---------------------------------------------------

   署名にご協力お願いします

「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

どうか誤解を解いてください

どなたのどんなブログだったか忘れましたが、先日「関係のない人を巻き込むのはどうか」というようなことを書かれているのを目にしました。この方は、事情を知らないがためにどうも誤解されているような気がしたので、あいりちゃんのお父さん(建一さん)と私達支援者のことをきちんとご説明したほうが良いと思い、ここにお話させていただくことにしました。

私達支援者同士はもちろんのこと、木下さんご家族と誰も知り合いではなく、顔も見たことがありませんでした。建一さんは、署名活動という方法など全く知らず、判決後は抜け殻のようになられていました。言うまでもなく、建一さんは地域の方にも誰にも「署名を集めてください」など、一言もおっしゃったことはありません。地域の方々が嘆願書を大変な思いで集められたのも、私達支援者が署名活動を始めたのも、建一さんのご意志とは全く関係のないところで起きたものです。私達支援者は、子供がいたり、犯罪被害者遺族であったり、あいりちゃんとご家族のことをとても他人事とは思えず自ら立ち上がりました。

私たちはネット上でこの活動を始めました。しかし、ネットをご覧になる方は、全国でも極一部の方です。この様なことが、報道してもらえるとは思わなかったので、ネット環境にない全国の方々の中には、「心を痛めていて何かしたいけど、この活動をご存じない」という方がもっと沢山いらっしゃる。その方々にお知らせするには、チラシのようなものを配布する必要がある。そう思い、チラシを作成しました。しかし、あまり事件のことをご存知ない方にどんなに酷い事件であったかを知ってもらうには、被害の詳細を書かざるを得ませんでした。「被害の詳細をこの様な形で知らせることは適切でないかもしれない。」「紙として人々の手に残るのに、勝手にしてはいけない。」ということから、「そっとしておいてほしい」と思われるかもしれませんが、よろしければお返事をいただきたいと思います。と新聞記者を通じてお手紙を送りました。建一さんは、お電話を下さいました。「ご連絡が大変遅くなり済みません。判決後抜け殻のようになっていました。顔も知らない私たちのために、本当に有難うございます。とても感謝しています。」穏やかなお声で、お優しいお人柄がうかがえるようなとても丁寧な方でした。チラシについては、「できれば配っていただけますか?被害のことも事実ですから構いません。」ということでした。

そうですよね。性的暴行を受けたことで、被害者の心が卑しくなったでもなく、穢れたわけでもないのです。何も恥じることではない。それを汚されたとか清らかでないと思う感覚の方が、卑しく穢れていますよね。

その後、建一さんは「少しでも多くの方に署名活動のことを知っていただきたいので」と、事件から一年を前に受けられた取材陣に、支援の会の紹介をされました。私達も、同じ思いで、取材を受けました。建一さんは、「一人で闘っているわけじゃなく、心強い。私も今後、多くの被害者の方を支援していきたい。」と話されました。

ご署名いただいた方のご意見は、

「ずっと心を痛めていました。少しでもお力になれるなら。」

「子を持つ同じ親として、他人事とは思えません。」

「この様な判決は納得できません。」

そんな声ばかりです。

裁判所や国へ、異議を申し立てられた方も多くいらっしゃるようです。

裁判の主役は被害者でなく被告です。

この活動は、あいりちゃんやご遺族のためだけのものではありません。

私達のこれからのために、必要なことだと思ってしています。

私達支援者のことを、色々と議論されるのは構いませんが、どうか木下さんご家族を誤解されることのないように、よろしくお願い致します。

-------------------------------------------------

   署名にご協力お願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

新たな命

20061224122553_1

あいりちゃんの鉢に産卵/ハトが2個、巣立ち祈る 四国新聞 

広島の女児殺害 植木鉢にハトが巣 産経新聞

(2006年12月22日)                             

「あいりちゃんの分まで育てる」
性被害に負けず出産決意 広島女児殺害父と交流
 広島県安芸区で昨年11月、小学1年生木下あいりちゃん
(当時7歳)が殺害された事件で、父、建一さん(39)が
21日、広島県海田町内で読売新聞などの取材に応じ、
交流していた同県内の女性が、来年早々にも女の赤ちゃん
を出産することを明らかにした。女性は幼少期に性的暴行
を受け、子供を産む事を考えていなかったが、建一さんの
励ましを受け、「あいりちゃんの分まで大事に育てていきます」
と話しているという。
 事件直後、遺体発見現場に設置された献花台に、性的暴行
の事実が記された女性の手紙が置いてあり、建一さんに届け
られた。事件から1年後にも、出産や心境などがつづられた
手紙が送られてきた。
 その際、建一さんが電話すると、女性は事件後、夫と話し
合って出産を決心したことを説明。長く苦しんだ末、新たな
一歩を踏み出した<勇気>に感動した建一さんは「頑張って
下さい」と声をかけたという。
 女性の心境について、建一さんは「命の大切さを実感し、
自分のこどもを守る自身が持てたのでは。あいりの死は
無駄ではなかった」と語り、赤ちゃんとの対面を心待ちに
している。

読売新聞 12月22日朝刊   

--------------------------------------------------

20061227102414

あいりちゃん、ハトになったの・・・植木鉢でひな誕生 

広島市安芸区で昨年11月、下校中に殺害された小学1年木下あいりちゃん(当時7歳)が使っていた植木鉢で27日、ハトのひながかえった。

Click here to find out more!

 孵化(ふか)を心待ちにしていた父建一さん(39)は「あいりの生まれ変わり」と「あいちゃん」と名付けた。

 あいりちゃんは千葉県船橋市の小学校に通っている時にこの鉢でアサガオを育てており、建一さんが「きのしたあいり」のシールをはったままベランダに置いていた。先月末、ハトが産卵した。

 動物好きだったあいりちゃんは幼いころ、公園でハトとよく戯れていたという。卵を見た時、「あいりのことが好きで産みに来たのかな」と思いをはせていた建一さんは「自分の子どものような感じがする。大切に見守っていきたい」と、元気に巣立つことを願っている。

(2006年12月28日2時32分  読売新聞
--------------------------------------------------
20070108085611 鳩のヒナは無事に大きく育っています。
(’07.01.08)                                                                                                                                                                                                                                                                                                
--------------------------------------------------
ヒナは元気で一段と大きくなっています。(’07.01.12)
--------------------------------------------------
小鳩も大きくなり、巣立つ日が間近で嬉しい気持ちと悲しい気持ちがあり複雑な気持ちでいます。(’07.01.26)
--------------------------------------------------
--------------------------------------------------
こんばんは、今 帰りました。小鳩がいません、今日見た時にベランダの端で親鳥と一緒に飛ぶ練習をしていた様なので、今日飛んで行ったのかもしれません、もう巣立ったの?だけど、少し心配なので明日の朝、明るくなって周りを探してみます。もしかしたら間違って隣のベランダに行って迷惑をかけていないかが心配です。本当に巣立っていたらショックで悲しいです。(’07.01.28)
--------------------------------------------------
小鳩は今日の朝、周辺を確認しましたが親鳩も何処にもいませんでした。おそらく昨日巣立って行ったのですね。結局、飛び立つ姿は見ることはできませんでしたが、これからも元気でいてくれることを願っています。鳥とはいえやはり別れは悲しいですね。(’07.01.29)
--------------------------------------------------
先ほど嬉しい報告がありました。相手の許可をいただきましたので連絡します。以前新聞であいりの記事にも掲載された妊娠中だった女性からで昨日無事に出産したそうです。彼女はあいりと同じ年頃に性的暴行にあい、結婚するまで悩み苦しまれた経験をお持ちの方で、今は前向きに生きておられます。事件直後から私たちを心配されてお手紙などをいただいていました。(’07.02.03)
--------------------------------------------------
小鳩のその後ですが、小鳩は1月28日(日)に無事巣立ちました。いなくなった時は少しショックで悲しんでいましたが、2日後には戻って来て、今ではたまに遊びに来てくれます。最近、朝からあいりの鉢を見ると親鳥夫婦が一緒に寝ていたりします。子育てに疲れて少し休んでいるのでしょうか、夫婦仲が良くて、また卵を産むのかな?('07.02.04)
--------------------------------------------------

      署名にご協力お願いします

| | コメント (1) | トラックバック (0)