2007年9月13日 (木)

責めるだけでなく支えること

阿部首相の足をひっぱったのは、どうも野党だけではないようですね。

自民党内の他の派閥。もしかしたら同じ派閥内にも裏切り者がいるかもしれない。

これは全く推測の域に過ぎませんが…

参院選の後も続投の意を示し、つい先日「職を賭して…」と語ったばかりの阿部首相。

一国民としてはなぜ今急に退陣するのかという説明はやはり欲しかった。

このまま国民の不信感を招いたまま政治を行うことは困難とのこと。

自分が退くことで、日本の国の政治を建て直したいという思いからでしょうが。

体調不良とか、相続税の脱税疑惑とかいろいろうわさはあります。

真相が語られることはないのでしょうね。

でもそんなことは重要なことではないのです。

辞めろと騒いでいたくせに、辞めることになればまた責め立てる。

一国の首相に対して同情してはいけないという人もいるけど、ただみんなで責め立てて何になるというのか。

総理大臣と言っても一人の人間です。

鈴木宗男氏も随分辛らつなコメントをしてました。

自分のことは棚において、良くこんなえらそうなことが言えたものだと思いながら聞いてまいしたが…

この人は、お金をもらってグレーな部分の大勢のロシア人を日本に入国させた人です。

グレーな部分とは、前科があるかもしれない、何かしら不審な点のある問題の人物。

不正に身分証を作る業者などからお金をもらい、入国管理局に圧力をかける。

「なぜ入国許可をおろさない!言うことを聞かなければおまえを飛ばしてやる!」と入国管理局の職員に脅すのです。

これは確かな筋からの情報です。報道はされませんが…

マスコミの中にはこのことを知っている記者もいるようですが、これを記事にすると記者生命を絶たれたり、会社もつぶされるのが恐くてできないようです。

一人の政治家の金儲けのためだけに、国民の安全が脅かされるなんて馬鹿げた話です。

こういう悪徳な政治家がうようよいる限り、まっすぐな政治家がつぶされるのでしょうね。

阿部首相は少なくとも、まっすぐな人だと思っています。本当に日本のことを思って政治をしようとしていたと思います。

総理大臣たる者は、真面目だとやっていけないものなのでしょうか。

日本の国を良くしてほしい。

ただ誰かを責め立て、足をひっぱり、争うのでなく、皆で支えあって行って欲しい。

それはたとえ政治であっても同じこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

とにかく政治をしてほしい

安部首相がとうとう退陣!

彼に日本の国づくりを期待していた者としては残念でならない。

確かに彼の人選は悪かった。

次から次へと閣僚の不祥事。

参院選では民主党が圧勝。

でもその民意は阿部内閣の総辞職を望んだものだったのか?

国民は本当に、民主党に政治をまかせて良いと思っているのか?

民主党なら国民が望む政治をしてくれると思っているのか?

これまでの民主党を見ていると、ただただ政権交代のためだけに動いているようにしか思えない。

国民のための政治をしようと、日本の国のための政治をしようとしているようには思えない。

自分の党を与党にしたいだけ。

今の国会は正常に機能していない。

人が発言しているときに、野次が飛ぶ。

人が話すときには黙って聞く。それが大人の当たり前のマナー。

議論になってない。

国をよくするための議論ではない。

野党は与党の主張におかしなところがあれば反論する。それが野党の役目。

しかし今の国会はなんだ?

与党の不祥事を次々と挙げて批判するだけ。

与党と野党が争っている場合か?

一丸となって国を高めていってほしい。

はっきり言って、与党がどこかなんてどうでも良い。

首相が誰だって良い。

とにかく国民のための政治をして下さい。

政治家のための政治はもうこりごりです。

********************************************

   日本の子供たちを守ってください

   木下あいりちゃん支援の会公式HP

        「星になったあいり」

         「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

年齢ではなく人間性

「最近の若者は」とか「若い者も捨てたものじゃない」という言葉がありますね。

年をとっていればそれだけで、人として立派だという感覚。

確かに何年も人生経験を重ねて素晴らしい方は沢山いらっしゃいます。その方は若いときよりも立派になられたのだと思います。

でも、ただ年齢を重ねただけで全くなってない人も沢山いらっしゃいます。そして、若い方で驚くほど素晴らしい方が沢山いらっしゃいます。

この前、ママ友があるスーパーには行かない言う理由を話してくれました。一人の店員さんが、子連れを嫌がるようでとても感じが悪いと。2歳の子供は、なかなか物を離してくれません。買い物する物をなかなか離さずにレジで持ったままバーコードしてもらい、シールを貼ってもらえました。そのとなりにいた年配の店員さんがすごい目つきで親子をにらみつけ、清算してくれた店員さんに「○○さん!!花はいくら!?」と怒鳴っていたと。

でもあるスーパーの若い店員さんは、子供に袋を与え「お母さんのお手伝いしてあげてね。」と袋に商品を入れるように笑顔で言ってくれましたと。

その話を聞いて、私は自分の話をしました。

私は、ある日子供を連れて電車で出かけた時、帰りの時間が遅くなりました。通勤ラッシュのときではなかったけど、お仕事で疲れていらっしゃる方が沢山乗車している電車でした。2歳の子供は嬉しいときなど、声を上げます。私もお勤めしていたので、わかるのですが、仕事で疲れたときに、子供の声は耳障りなものです。でも、子供は諌めて静かにするものではありません。なのに、ある女性は子供が声をあげる度に振り向き、すごい形相でにらみつけます。こんな時間に子供を連れて電車に乗った私が悪いけど、その様子には恐ろしいものを感じました。

ママ友は、「世の中殺伐としているよね。おじいちゃんおばあちゃんが温かく見守ってくれないと安心して子育て出来ないよね」と話してました。

今、いろいろな事件が起きているけど、それは最近の若者がなってないからではない。年配者も若者も関係なく、いらいらした人が増えている。人間性が無い人が増えている。

一人ひとりが優しい気持ちになれたら、悲しい事件なんてなくなるのに。

     「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

今後も見守って

今日は、りとたんの手書き署名と有希さんの署名が最後の日。

ここ2週間、毎日のように親しい人と会って集めたわずかな署名簿を、昨日書留で郵送した。ご協力下さった皆様、本当に本当に有難うございました。

ブラジルとの交渉が難航している。もっと日本の政治家が食い下がってもらわなくては。

来月18日から、有希さんの控訴審が始まる。

これからも見守って行きたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

失われた日本の心

昨日の出来事について、後から思うことがあった。

あの時のお母さんが、怒り出す危険な人でなかったから良かったものの、一歩間違えれば危なかったと思った。注意することで改善されれば良いけれど、それは不可能なことだと実感したからこそブルーになったのだ。そうすることで母親を追い詰め、かえって良くない方向に行ってしまうことだってある。何も良くならないのに、母親も私も不愉快になるだけなら、注意なんてしない方が良い。私も他人の子供よりも、家族やわが身が一番大事だから。

男の子にいけないことを教えるにしても、あの数十分だけでは無駄に終わる。昔の日本は、社会全体で子供に危険なことやしてはいけないことを教えたものだ。(ヨーロッパでは今でも他人の子も関係なく注意すると聞いたことがある。)今では小学生でも注意すれば暴行を受ける様な時代。皆自分の身の危険をかえりみず注意することは当然しない。

どうしたら昔のような日本に戻れるのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

ブルーになる出来事

今日、娘を連れて百貨店に行き、おもちゃ売り場にある遊び場に寄った。ある3歳くらいの男の子が、他の子をつきとばし、上に乗ってたたいたりした。当然やられた方の子は泣き出し、母親は我が子を抱きしめると、「ちょっとやりすぎでしょ。」と男の子に注意した。「お母さんはどこ?」と聞いても「くつ」と言うだけで、保護者が何処にいるのかわからない。また他の子を次々と突き飛ばし、落ち着き無く走り回り、人にめがけて物を投げるなどとても乱暴な子だった。その子の様子はともかく、こんな小さな子を一人にして行く、保護者の神経を私は疑った。店員さんに、保護者がいないことを告げ、3・4人の店員さんが集まってきて、保護者が戻るのを待った。かれこれ40分以上たった頃、母親と見られる女性が来た。ブランド物のバッグを持ち、そこそこ綺麗な人だったが、冷たい表情の人だった。息子が他の子を押すのを見ても、一言も注意しない。私は「他人が口出しするのは何ですが、こんな小さな子をおいて行くことにどうお考えですか?」と聞いてみた。彼女は無表情で「はぁ」と言うだけ。「何とも思わないのですか?」と言うと、ようやく「連れて帰りますので。」と答えた。私はこれ以上この人と話をすることの無駄を悟りその場を離れた。

この母親は、息子が事故や事件にあうかもしれないという危機感がないのでしょうか。それとも息子に無関心なのでしょうか。他の子に乱暴してはいけない、人に物を投げてはいけないとしつけを全くしてないのでしょうか。母親が来たときの男の子の様子からして、こうして置いていかれてまた迎えにくるのはいつものことのようでした。少し話をしただけですが、親から十分な愛情を受けていないのを感じました。あの男の子の将来がとても心配です。犯罪を起こすまでいかなくでも、他の人を傷つける乱暴な大人になりそうな気がして。それからずっとブルーでとても疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

涙を止められない

今日、母が病院の検診の帰りに来てくれました。

署名をしてもらおうと、それぞれの説明をしました。

有希さんのお母様の日記の話をしている途中涙声に。それから出てくる涙を止めることができませんでした。

どうしてかな、今までこんなこと無かったのに。日記を読んだときも涙が出てくることはなかったのに。

説明しようと自分の言葉にすることで、お母様に自分を重ねてしまったのかな。

「本当ならここにあの子がいるはずなのに・・・」我が子を亡くした親御さんたちは、そんな思いに何度と無くさせられるのですね。やりきれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)