« お知らせ | トップページ | 真の防犯対策 »

2008年9月 1日 (月)

性犯罪前歴者にGPS導入

韓国が性犯罪前歴者にGPSを装着して監視する制度を今日から導入した。

アジアでは初の試みという。

性犯罪者の情報公開も7月から始まっている。

アメリカもイギリスも、この両方を導入または試験的に導入しているという。

日本では、GPSの導入のみを検討する予定。

しかし、これには加害者の人権問題の壁がある。

人権とはなにか?

人が生きる力

性暴力はひとりの人の生きる力を奪うもの

ひとり以上の人の生きる力を奪った者が、再び人の生きる力を奪うのを防ぐことは、加害者の生きる力を奪うことになるのか?

日本が、性犯罪者の情報公開に踏み切らないのには、私個人としては決して悪いことではないと思っています。

それは加害者の人権のためではなく、保護者が情報を得るのに夢中になっている間に、子どものSOSに気づかなくなるから。

真の危機管理能力は コミュニケーション力

保護者は情報を得るよりも、子どもの話を黙って聴くこと

      STOP犯罪 星になった「あいり」

“子どもを守る防犯対策”の中の“CAPのすすめ”をご覧下さい。      

そして森田ゆりさんの著書『子どもが出会う犯罪と暴力』をどうぞご覧になって下さい。

      「星になったあいり」このHPは木下あいりちゃんが7年の短い人生でどんなに元気に心優しく明るく生きていたか。生きた証を残したい。
そして、いつまでも、あいりの事を忘れないで覚えていてほしい。そう願って開設しました。

|

« お知らせ | トップページ | 真の防犯対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147638/23410097

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪前歴者にGPS導入:

» 考える術を教えるべきで、… グルリット [名言ブログ]
考える術を教えるべきで、考えたことを教えるべきではない。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 12時54分

« お知らせ | トップページ | 真の防犯対策 »