« あいりちゃん支援説明用のチラシが出来ました | トップページ | 新たな命 »

2007年2月 4日 (日)

世界中の支援

地域の支援

あいりちゃんが通っていた小学校周辺の地区では、保護者の有志一同から、約900通にもなる嘆願書を、昨年11月に広島高等検察庁へ提出されました。既に裁判所へ届けられています。

嘆願書の一部をご紹介します。

「事件後、教室のあいりちゃんの机の上には、子どもたちが進んで折った折鶴や花束が置かれていました。また、一人では、夜寝れなくなった子、ダンボールの前を通れない子、子どもだけでは、遊べない、親としても、付いていかないと、外へも出せないといった状況が、長く続き今でも不安な気持ちがあります。子どもたちの(不安や恐怖)心に受けた思いを考えてみても、被告人を許すことはできません。」

地域では今もパトロールが続いています。ボランティアで見守ってくださる方はお年寄りの方が多いです。夏の暑い日や冬の寒い日の毎日のパトロールは、お年寄りにとっては本当に命を削る仕事です。制度の整っていない日本で、共働きの保護者は「登下校の付き添いがいつまで続くのか」と悲鳴をあげています。

---------------------------------------------------

スペイン語を母国語とする方々からの支援

記者ペルシーさんの支援により、スペイン語のニュース配信サイト、ペルーのラジオ局・新聞・大衆紙、被告の出生地トルヒーヨのニュースサイトでブログや署名の紹介がされ、ペルー人や日本に在住のペルー人を含む、世界中のスペイン語を母国語とする方々から多くの電子署名が寄せられています。

犯罪を許さない気持ちや、親が子を思う気持ちは、国が違っても皆同じだと感じました。

どうかペルー人を悪く思わないで下さい。お願いですから心無い所為で嫌がらせをしないで下さい。彼らは、トレス・ヤギ被告とは全く異なる人々です。

ペルーには死刑制度は現在ありませんが、今の大統領が復活させようとしています。特に少女への性的暴行を行い、殺害した場合です。

---------------------------------------------------

 署名にご協力お願いします

|

« あいりちゃん支援説明用のチラシが出来ました | トップページ | 新たな命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147638/5200184

この記事へのトラックバック一覧です: 世界中の支援:

« あいりちゃん支援説明用のチラシが出来ました | トップページ | 新たな命 »